雲雑記


ちょっと変雲 ページについて

気になる事がありますので、雲雑記として綴っておきます。

長文になりますが、言いたい事は下記の方(A^-^;)ちょっとお付き合い下さいませ。

m(*_ _*)m

 

 

ちょっと変雲」「ちょっと変雲2」ページに、変雲検索で来られてる方々がいらっしゃるのですが

どうも直接地震雲だと思われてるようなのです。

くれぐれも、地震雲としては紹介していませんので、お間違いなくお願いします。

 

上記写真は「波状雲」です。

よく観察されてる方なら、結構頻繁に出てる雲という事がわかると思います。

 

もしこれが地震雲であったなら、週に何度も地震が起きてるはず(^^;

しかーし、上記の雲を見た日~1ヵ月後まで、うちでは大きな地震は起きてません。(A^-^;)

 

 

私は観察するにあたって、地震雲の可能性も思い観察するようにしてます。

否定は全くしてませんからw 宇宙と密接に関わる雲、何があっても全くおかしくないです。

 

しかしずっと観察してれば、見かける回数の多い雲、珍しい雲、見た事ない雲

色々観察出来ます。観察しては記録をして、あの時見た事ある!と、自分の経験値にもなります。

 

そもそも地震雲というのは、何時間も何日も、そこにずっと停滞して消えない雲だと思います。

長時間の観察が必要不可欠ではないでしょうか。

私も長時間居座るそういう雲も見た事あります、それで何日後かに大きな地震もあった事もありました。

だから、地震雲はあると思います。

 

しかし、だいたいの雲はすぐ消えたり、絶えず変化して形を留めてません。

なかでも長く居座る雲としては、レンズ雲だと思います。

でもレンズ雲は直接地震雲でもないですし、条件次第で頻繁に見かけます。

 

巨大な「つるし雲(レンズ雲)」は、地形によって見れる場所も限られるかもしれませんが。

↓↓↓これは、雲部員HALさんが伊豆方面で撮影された

巨大な「つるし雲」です。素晴らしいです。

つるし雲は、上空の風が強いときに出来るのです。天気が崩れる前でもあります。

富士山の頂上でも出来てる事がありますね。傘雲とも呼びます。

私は生では見た事ないけど(A^-^;)有名ですな。

 

この雲は、波状雲。全面覆ってます。こちらも天気崩れる前です。

 

毎日、チラチラ観察してるものとしては、波状雲なんて何度も出てます。

条件が重なり次第で、いくらでも変った状態の雲に見えちゃいます。

 

変った雲として紹介してはいますが、「画的に面白いな変ってるな」と捉えてますので

見た事ない変ってるから、すぐ地震に繋がるとは思わないで下さい。

長時間の観察は必要だと思います。

 

↓これも波状雲。 短な雲片ですが波状。

この山の向こう側は、瀬戸内海です。

瀬戸内海の海風が、山々にぶちあたり、雲をこのような形に作ったと思われます。

一列に並んでるのは、岸&山に沿って出来たんだろうなw

 

 

不思議で変な雲というのは、いくらでもあります。

 

ただ、見つけれるかどうかだけのこと。 

 

いつも観察してれば、いくらでも見つけれます^^

 

飛行機雲が袋状になり、そこから片側だけ肋骨雲になってる雲です。

夕日が雲に反射して、不可思議要素かもしだしてましたw

ってな具合で、色々見つけれます。

 

↓こちらは、巻雲に出来た「彩雲」です。

 

 

一瞬一瞬で雲は物凄く形を変える生き物のようなものです。

 

 

日々空雲観察をして、本当に気をつけないといけない危険な雲(例えば積乱雲)を

 

察知し、日常生活に役立てる事の方が大事だと思います。

↓↓↓

 

育つ積乱雲。 中央は積乱雲の柱になってる壁の部分。

 

すでに、私の方でも雨が激しく降っていました。

丁度、かなとこ雲の真下に入ってる状態になってます。

(分かり易く言うと、きのこ状態といいましょうか。きのこの傘の下に居ます。)

強風も吹き荒れ、吸い込まれそうな嵐になりました。

こういう雲は危険です。

 

+++++++++++++++++

 

というように、知っていれば知識になり役立たせることが出来るという事が言いたいです。

 

私の場合は、雲の形を面白がってネタにして遊びますがwww

楽しみ方は自由だと思います^^↓↓ それも日々の雲観察してるからこそですけどね。

 

雲観察を楽しくしましょう♪